36にしてやっと「ありがとう」という言葉の意味

ありがとう

香港は僕にとっての山籠もり、都会の中での山籠もり

すべてを0にして、この年でやっとはじめて見えた、

やっとはじめて意味がわかった気がする「ありがとう」という言葉。

この年まで、なんとこの年まで「ありがとう」の意味を知らなかったです。

文面ではありがとうといっているが、本当にありがとうなんて思ったことは、たぶん。

ありがとうと言ったほうがいいからと思って、

「こんにちは」、「さようなら」そんな感覚で、「ありがとう」といっていました。

何の心もこもっていなかったです。きっとそう。

今までの自分に、欠けている、決定的に欠けている、最も重要な要素。

「ありがとう」でも今やっとわかった、ありがとう!ありがとうがたりなかったです。

ありがとうが足りないよ。本当の意味での「ありがとう」

「おはよう」「こんにちは」そういった挨拶のような意味じゃない「ありがとう」

なんだか結局すべてを当然だと思っていて、私には「ありがとう」という心がたりなかったです。

文面ではありがとう、ありがとう言っているけど、心がまったくこもっていないという。

今までつきあっていただいた方々、すべての方へ、本当に申し訳なく思います。

やっとはじめて意味がわかった、この年での、遅すぎる「ありがとう」という言葉。

「~は当然」なんて思う、私』には間違いなく「ありがとう」なんて意味がわかっていない。

ありがとう、という言葉は世の中にあふれているけど、

本当の意味での「ありがとう」は使ったこともなかったし、

もしかしたたら、感じたこともなかったかもしれない。

やっぱり、すべてを0にして、何の縁もゆかりもない土地で、

一人考え、奮闘することが重要だ。

娘達や若者やこれからの何かに挑戦する人たち、年なども関係なく、

縁もゆかりもない土地へ自分の身をおいてみる、それがきっといい。

皆さんは、「ありがとう」の意味を知っているだろうけど、だけども、それでもきっといい。

そのような状況に自分をおいて、

久しぶりに家にでも帰ったら、当たり前のことも当たり前じゃなかったと、感じられるよ、ありがとう。

Related Archive