南極ヴィンソンマシフは奇跡的に寒くなかった。そして4,000m級もやっぱり高かった

南極女装

2017年始に、南極ヴィンソンマシフ登頂させていただきました。

正直今回は、

前回のチョーオユーのベースキャンプほどの高さ4800mほどということで

本当に完全になめてました。そしたら、やられました。完全に。

 

南極は通常マイナス40度ぐらいになるようなのですが、

自分はまた最高の天気に恵まれ、天気も抜群!気温も暖かいときは−5度ほど。

下手すると日本の東京のほうが、体感的に寒いんじゃないかというぐらい。

もう本当に申し分ない気候。

それで、地上では、女装してみたり、海パンになってみたりと色々とはしゃいでいたのですが、

肝心の登山になって、4000mをこえたあたりから、

あの感じが。あれです。あれ。

どーん と頭にくるあれ。 そう高所のやつ 高山病やないかいっ!!!

ああああああああああああああ

4000mって、前チベットのホテルがあったとこなのに!!

 

そう!単純でおバカな僕は、前回の8,000mを終え、

4,000mって街でしょ!と錯覚してしまっていたのですが、

やっぱり4,000mも高所なんです。

そして、やっぱり自分は高所に強くないし、強くなってもいないんです。

三浦ドルフィンズさんで、高所トレーニングをしたときも

SPO2 驚異の15 !!!

死ぬんじゃないかという 歴代の三浦ドルフィンズさんの体験者の中でも

1位、2位の弱さだったんです。

なお通常の人は75ぐらい。平地では90を下回ると救急車といわれている数値です。

 

ここで何度か高所登山というものをやってきて(といってもまだ4回ですが)

気づいたのですが、高所というものは強くならない。

弱い人はいつまでたっても弱い。トレーニングでどうこうなるわけでは絶対ない。

 

高所に弱い自分という点を、しっかりもう一度認め、

今一度、改めて0からスタートしようと思います。

今年、しょっぱなの大変良い経験でした。

南極ありがとう!!

 

 

 

 

Related Archive