素人が高所登山を成功させるためには2点だけ。

高所登山

素人が高所登山を成功させるには2点だけ。

1、良い師
2、強い執念(呪いのような)

以上

高所登山をされる方によく聞かれること。

「富士山でもクラクラしちゃうんですけど、私でも高所登山できますか」

まったく問題ないです。もちろんできます。
自分の最低 SPO2値は14 これより上の方は絶対いけます。
たとえ14を下回ったとしても、いけるでしょう。きっと。

今は、高所に強いとか弱いとかなんてまったく関係ない。
酸素があります。酸素をうまい具合に使えば絶対にいけます。


「体力ないんですけど、私でも高所登山できますか」

まったく問題ないです。もうこれは、完全に僕、独自の論になっちゃうんですが、
まったく関係ないです。体力。もちろんあるに越した事ないけど、
高所に入っちゃうと、みんなほとんど動けません。体力消耗するほど動けないです。
勿論体力はあったほうが疲れないとかあるかもしれないですが、これは絶対ではないです。
あるにこしたことはないぐらい。

高所登山において、
体力なんかより何百倍も重要なのが、精神力
これがないと絶対に登れない。体力あったって、高所に強かったって。
「絶対に今回一発で登ってやる!」という鬼のような思い、悪魔のような思い。
これこそが最も重要です。
この思いだけで、一人で突っ込むと死ぬので、
そこで、良い師匠が絶対に必要になるんです。

良い師がいても、悪魔のような思いがなければ、体が前に進まないので、登れません。
どんなに良い師匠がいても、自分の体を動かすのは最終的には自分です。
その自分を操れる魂が強靭でないと、強靭でなくともなんとかへばりついていこうという
執念の塊のようなものでないと、まず高所は登れない。
執念はあらゆる体力や技術にも勝る
執念ですべてが解決するといってもいい

もう正直、この2点以外まったくないです。
これ以外はいらないと思います。

ちなみに「絶対に登ってやる!」という気持ちはどうやって育てられるかというと、
すっごく簡単。
それまで、山に、エベレストにどれだけ犠牲を払ってきたか
それだけ。
もう会社を潰して、家族に見放されてもきている人はマジで強いです。
俺はこのために、すべてを賭けてきた!そういった人は世界各国人種を問わず強い強い
山に関しては、どんな素人でも。執念のあるやつのほうが最後のとこで、強い。

自分は決っしてすごくない。謙遜でもなく。
働きながら、3年で7サミット、他の人ができなくて、自分ができた違いはただ一つ。

他を捨てたかどうかだけ。3年はすべてを山につぎ込んだ。
ただ時間を濃縮しただけだ。もしかすると普通の人が一生でかける山のモチベーションを
ただ3年に濃縮した。それだけ。

ビジネスでも若いのにすげーなぁという人が多々いる。
ただそういう人は若いのにすげーんじゃない。
若いうちから、時間を濃縮して様々な経験を、年上の倍もしてるからすげーんだ。
ただそれだけ。どんだけの時間を濃くすごしてきたか。
それだけだ。なんでも。

だから自分は、これから何を始めるにせよ
圧倒的なモチベーションでいける分野だけに絞って、
365日フル稼動で自然に頭が考えちゃうような分野にしなくてはいけない
そういう頭に無理なく自分がなれる分野に、自分な貴重な時間を
注いでいかなくてはならない。

Related Archive